• 戦国武将フィギュア-ARMOR SERIES-本田忠勝 TypeB 3584N11

戦国武将フィギュア-ARMOR SERIES-本田忠勝 TypeB 3584N11商品コード:3584N11

1320

1200

12ポイント

5,400円以上配送料無料!※北海道・沖縄・離島は別途

1~3日営業日中に発送予定ですが、ご注文から1週間ほどかかる場合もございます。

数量
かごに入れる

この商品について問い合わせる

関連商品

模造刀 戦国武将 徳川家康拵え 葵御紋鞘

模造刀 戦国武将 徳川家康拵え 葵御紋鞘

13500円(税込)

模造刀 しのびやオリジナル刀剣 戦国武将 徳川家康拵え・将軍刀(刀袋付)

模造刀 しのびやオリジナル刀剣 戦国武将 徳川家康拵え・将軍刀(刀袋付)

12100円(税込)

戦国武将蒔絵シール 『徳川家康』 金色 「三つ葉葵」 [ネコポス配送] BUSHOU-20

戦国武将蒔絵シール 『徳川家康』 金色 「三つ葉葵」 [ネコポス配送] BUSHOU-20

550円(税込)

しのびやオリジナル 武将タンブラー・徳川家康 5114SH11

しのびやオリジナル 武将タンブラー・徳川家康 5114SH11

880円(税込)

幕末維新蒔絵シール 徳川幕府「葵の紋」(金色)[BA-KA-06] [ネコポス配送] BA-KA-06

幕末維新蒔絵シール 徳川幕府「葵の紋」(金色)[BA-KA-06] [ネコポス配送] BA-KA-06

550円(税込)

iPhone6Plus/6sPlusハードケース 戦国武将『徳川家康』アイフォン6ケース/アイフォーン6 カバー [ネコポス配送] IP6SP-SGK-0006

iPhone6Plus/6sPlusハードケース 戦国武将『徳川家康』アイフォン6ケース/アイフォーン6 カバー [ネコポス配送] IP6SP-SGK-0006

1100円(税込)

戦国武将モバイルバッテリー 徳川家康 横型 /iPhone GALAXY XPERIA スマートフォン iPad 3DS PSP 対応 携帯 充電器 TL-MB-0003-Y

戦国武将モバイルバッテリー 徳川家康 横型 /iPhone GALAXY XPERIA スマートフォン iPad 3DS PSP 対応 携帯 充電器 TL-MB-0003-Y

2750円(税込)

戦国武将モバイルバッテリー 徳川家康 縦型 /iPhone GALAXY XPERIA スマートフォン iPad 3DS PSP 対応 携帯 充電器 PSE認証

戦国武将モバイルバッテリー 徳川家康 縦型 /iPhone GALAXY XPERIA スマートフォン iPad 3DS PSP 対応 携帯 充電器 PSE認証

2750円(税込)


商品説明

■ 商品名  戦国武将フィギュア-ARMOR SERIES-本田忠勝 TypeB
■ 仕  様  ダイキャスト(金属)・真鋳等
■セット内容  戦国武将甲冑、旗指物、名札
■ サイズ  約15cm
   
 ■商品説明
  戦国武将 本田忠勝のフィギュアです。隅々までこだわった上質なフィギュアです。
 省スペースでアクセントのある飾りに最適です!

 本田忠勝 1548年~1610年

 安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。
徳川氏の家臣。上総大多喜藩初代藩主、伊勢桑名藩初代藩主。忠勝系本多家宗家初代。
松平氏の三河譜代家臣・本多氏の一族で、本多忠高の長男として天文17年、三河国蔵前
(現在の愛知県岡崎市)で生まれる。
幼い頃から徳川家康に仕え、永禄3年(1560年)の桶狭間の戦いの前哨戦である
大高城兵糧入れで初陣する。このとき、同時に元服した。
元亀元年(1570年)の姉川の戦いにも参加し、元亀3年(1572年)の三方ヶ原の戦いの前哨戦
たる一言坂の戦いで殿軍を努め、武田方の小杉左近から「家康に過ぎたるものは二つあり、
唐のかしらに本多平八」との狂歌の落書をもって賞賛されたことが有名である。
小牧・長久手の戦いでは、わずか500名の軍勢を率いて秀吉自ら率いる8万の大軍と対峙し、
秀吉の家臣、加藤清正・福島正則らが忠勝を討ち取るべしと進言した。
しかし、忠勝の姉川での勇猛ぶりを聞き知っていた秀吉は目に涙を浮かべ「わざと寡兵で我が
大軍に勇を示すのは、我が軍を暫時喰い止めて家康の軍を遠ざけるためであろう。
徳川家を滅ぼした際にはかれを生け捕って我が家人にすべきなり」と忠勝を討ち取ることを禁じた。
織田信長にその並はずれた武勇を「日本の張飛」、さらには「花実兼備の勇士」と讃えられた。
また、豊臣秀吉には「東に本多忠勝という天下無双の大将がいるように、西には立花宗茂という
天下無双の大将がいる」と勇将として引き合いに出された。
晩年、彼は小刀で持ち物に名前を彫っていた。その時、うっかり手を滑らせ、指に小さな切り傷を
負ってしまう。忠勝は「わしの命運もここまでか」と嘆き、実際にその数日後に死去した。
これが彼の生涯で唯一の負傷だったと伝わる。

  本多忠勝の名言「常山紀談から」
  
「思慮なき人も、思慮ある人も功名するなり。思慮ある人の功名は士卒を下知し、
 大なる功名を遂ぐるものなり。」


商品詳細画像






最近チェックした商品